精神的に自分の意志と無関係で起こる

Pocket
Newsing it!
LINEで送る

性行為を思いっきり楽しみたい!というEDの方、恥ずかしがらずにED薬を処方してもらえる医療機関を受診してみましょう!

EDだという事を知られるのが恥ずかしいという方は、通販で薬を購入する事もできるようなので、利用してみてもいいと思います。

しかし、薬の服用は医師に相談した方が安心です。

どういう症状が出ているのかしっかりと説明し、自分に合った薬を処方してもらうのが一番ですので、最初は医療機関で相談して薬を処方してもらい、あとは通販を利用するという感じでED薬を飲み続けてみるといいかもしれません。

EDは自分の意志と無関係で起こりますので、とても悩む方が多いようですが、パートナーがいる方は早めに治療をして改善しましょう。

ストレスがEDの原因になることもある

精神的なものが原因となっているEDの方もいらっしゃるようです。

うつ病などの精神疾患と共にEDになる方もいらっしゃるみたいなんですが、夫婦生活がうまくいかなくて、勃起しなくなるというようなこともあるらしいので、あまり悩み過ぎないようにすることも大切です。

性行為をして失敗してしまったのをキッカケにEDになる方もいますから、劣等感を感じたり、不安を抱え込みすぎたりしないようにしましょう。

EDは薬で治療する事ができますので、性行為の際に中折れしてしまうと言うような感じになった場合は、ばいあぐらなどの薬を始めてみましょう。

あまり考えすぎないようにコントロールしよう

EDには種類があります。

・器質性ED
・心因性ED
・薬剤性ED

この3種類に分ける事ができるのですが、器質性のEDに関しては加齢や糖尿病、生活習慣病などによるものが多く、神経や血管の障害によって勃起が阻害されているという状態の事を言います。

また、心因性のEDはストレスが主な原因となっていて、うつ病や統合失調症の方など、精神的な疾患がある方は、血流が悪くなってしまいEDの症状が出てしまうという事もあるのです。

薬剤性EDに関しては、普段服用している薬の副作用でEDになってしまうと言うものなのですが、精神安定剤や睡眠薬などを服用している方に多いようですから、EDの症状がある場合は薬の服用を検討してみるといいでしょう。

鬱病になるとEDになりやすいというのは本当なの?

抗うつ剤や睡眠薬・精神安定剤などを服用する事により、副作用として勃起不全という症状が現れてしまうのですが、うつの状態になっている方は、EDになったことを更に深く考えてしまい、症状を悪化させてしまうという事もあるようなので、抗うつ薬を服用する際は副作用をしっかりと確認しなければなりません。

心療内科にて相談する方もいらっしゃるようですが、EDは治療すると治りますので、あまり考えすぎないようにしましょう。

Pocket
Newsing it!
LINEで送る